一貫体制

鶏の飼育から採卵、パック詰め、出荷までの一貫体制を整えています

安心・安全で、おいしい卵を食べていただくために、親鶏の飼育から採卵、検査、パック詰め、出荷までの各工程をしっかり管理できる一貫体制を整えています。

農林水産省の推奨する、家畜の生産段階における飼育衛生管理の向上に取り組み、農場HACCPの認証を取得。
生後1日のひよこを卵を産める直前まで育てる有限会社ピーファームにより、ひよこの段階から責任を持って管理を行っています。

農場HACCPの認証

卵が出荷されるまで

1 ひよこの育成

ひよこの育成

病気にならないようにワクチン接種等を行い、将来おいしい卵を産むことができる健康なひなを育てます。(有限会社ピーファーム)

2 親鶏の飼育

親鶏の飼育

食餌にもこだわり、ビタミンDやビタミンEなどを添加することで、栄養豊富な卵を産める親鶏を育てます。

3 採 卵

採 卵

親鶏が産んだ卵をスピーディに集めて、農場に隣接したGP(grade and packing)センターに持っていきます。

4 洗卵・検査・選別

洗卵・検査・選別

GPセンターでは、卵の表面の汚れを洗い落とし、傷や割れなどが無いかなどの検査を行います。
検査をパスした卵は、サイズによる選別を行います。

5 パック詰め

パック詰め

パック詰めは機械化が進んでいます。卵をパックに詰めた後、段ボール箱に入れて出荷します。

6 出 荷

出 荷

JAやスーパーマーケット、食品加工工場、飲食店などに出荷されます。